海外不動産投資は儲かるのか?メリットを紹介!

海外不動産投資は本当に儲かるのか疑問に思っている人がいるかもしれません。あまり情報がなく、トラブルやリスクがあるのではないかと不安に感じる人はたくさんいるでしょう。そこで、海外不動産投資は本当に儲かるのか、本当のところを解説します

1.日本よりも利回りが大きい

海外の不動産投資の税金はどうなるの?ポイントをまとめました!

海外不動産投資の特徴は日本とは異なる法制度のもとで投資が行える点です。そして、基本的に日本は法律によって投資のリスクが小さくなっているのですが、その分だけ利回りが上がりにくいというデメリットがあります。また、日本は少子高齢化が続いていて、不動産需要が減少しており、その点でも不動産投資で不利な環境となっているのです。

 

一方、海外の場合は日本よりも不動産投資に関する規制がゆるくなっています。そのため、日本よりも利回りが高くなりやすいです。日本よりも景気が良くて、人口増加や経済成長が見込める国であれば、海外不動産投資は利回りが高くなりやすく儲かります。

 

日本での不動産投資の利回りの低さに満足できないのであれば、海外不動産投資を検討してみましょう。

 

2.欧米は建物価格が下落しにくく設けやすい

海外、特に欧米の不動産投資は日本よりも利回りが高くなりやすいです。その理由の1つとして、欧米の建物は日本よりも価値が下がりにくい点があります。欧米の建物は古くても資産価値がそれほど落ちないのが特徴です。

 

まず、欧米では中古住宅を質の低いものと考えません。むしろ、誰かが長く暮らしてきた住宅であれば、トラブルが少なく安心して買えると考える人が多いです。新しい住宅は建物に不具合が残っている可能性があり、周囲にはどういった住民が住んでいるのかもわからず、リスクが大きいと判断します。このように日本と欧米では住宅に対する考え方が異なるため、欧米は建物が古くなっても価値を維持することができるのです。この点を利用して、海外の不動産投資で安定した家賃収入を得ることを期待できます。日本よりも家賃収入が安定しやすく、将来的に不動産を手放すときもあまり価値が落ちておらず損をしないのです。

 

また、そもそも日本と違って、特にアメリカは気候が乾燥していて住宅が傷みにくくなっています。そのため、ちょっとした修繕を続けるだけでも、新築と同じ状態を維持しやすいのです。日本の場合は適切な修繕をしても住まいが駄目になりやすく価値が下落しやすい環境といえます。地震や台風などの影響も大きいです。耐震性を維持する必要もあることから、どうしても年数の経過した家は日本では価値が落ちます。

 

こういった日本特有の問題がないため、海外、特に欧米の不動産投資は儲けやすいのです。

 

3.選択肢がたくさんある

海外不動産投資と一口に言っても、その選択肢は非常にたくさんあります。アメリカやヨーロッパ、アジアなどさまざまな地域や国から選ぶことができるからです。たとえば、最近は東南アジアの国々への不動産投資が注目されています。東南アジアの国々は経済成長を続けていて、人口も増えており、不動産投資の利回りが高くなりやすいからです。日本にある証券会社の中にも東南アジアの不動産投資を扱っているところは増えています。

 

現在やこれからの状況、自分の投資のスタイルなどを総合的に考えて、目的に合った国や地域を選ぶことが大切です。日本の不動産投資が合わないと考えるのであれば、海外の不動産投資に気軽に挑戦してみましょう。今後の人口増加や経済成長を期待できる国は海外にたくさんあるため、日本で不動産投資をするよりも期待できるのです。

 

4.海外の不動産投資は儲かる

海外の方が日本よりも不動産投資について儲けられる可能性は高いです。さまざまなプラスの要素があるため、大きな利益を期待できます。興味のある人は海外不動産投資を検討してみましょう。

おすすめの記事