バンコクでの部屋探しお助け情報

突然の仕事や環境の変化でいざバンコクに住むとなっても知らない土地での部屋探しは分からないことだらけで不安ですよね。

そんな方に今からバンコクでの部屋探しの方法について紹介していきます。

日本とバンコクの違いや見落としがちなチェックポイントなどを詳しくみていきましょう。

少しでもお役に立つことができれば幸いです。

【バンコクでの部屋探しの方法】

バンコクでの部屋探しの方法は主に2つあります。

現地の人と同じ不動産を訪ねて探すか、タイに移住する人のための日系の不動産仲介会社を頼るかです。

それぞれのメリットやデメリットなどを交えて紹介していきます。

【自分の足で飛び込む】

現地で自分の足で空き部屋がないかを聞いて回り、空きがあった時点でそこの管理人と直接交渉して部屋を決めるというやり方です。

これは部屋探しの初心者にはかなりハードルが高そうですね。

しかし、日系の不動産屋ではある程度の値段以上の高い物件しか扱っておらず、部屋を借りるにしても外国人料金としてタイ人が借りる値段よりも高くなってしまうのです。

東京で部屋を借りるとなった時に東京の不動産屋に行き、いくつかの物件を内見して部屋を決めるということを異国の地でやるというわけですね。

そこで問題になってくるのがやはり言葉が通じないということです。

言葉が話せる人ならこの方法で何の問題もありませんが、日本語しか話せないとなるとこちらの希望も伝わらないので困ります。

そこで現地の通訳を雇って一緒に探してもらったという人もいました。

お値段は1日でおよそ3万円です。

決して安くはないかもしれませんが、知らない土地での部屋探しにはとても心強い存在ですし、仲介会社に頼むよりも安く済みます。

【賃貸不動産仲介会社】

先ほどの方法はハードルが高いと感じた方はこちらがおすすめです。

通常、日本人がタイで物件を探すときは日系のタイ・バンコク不動産仲介会社に依頼することになります。

現在、30社以上もの日系のタイ・バンコク不動産仲介会社があり、日本人スタッフや日本語が話せるスタッフが対応、内見にも同行してくれるので安心です。

しかも日本で物件を探す時とは異なり、タイでは仲介手数料が無料です。

これは嬉しいポイントですね。

仲介会社のウェブページに物件が掲載されていますので、まずはそちらで物件を探して気になる物件が見つかったら電話やメールで問い合わせて内見という流れになります。

ウェブなら部屋探しになかなか時間が取れないといった方も自分のペースで、数ある物件を一度に見られますし、お気に入りを見つけやすいのでおすすめです。

いくつか仲介会社のサイトをご紹介しましょう。

○レオパレス21 タイ

レオパレスは日本でも聞き馴染みのある会社ですね。

日本人スタッフが常駐し、契約から入居後のアフターサービス、さらに会計事務所・弁護士事務所・コンサルティング会社等の紹介などビジネス面まで幅広くサポートしてくれます。

さらに、国内窓口において海外物件に関する問い合せや渡航前の情報・生活環境の情報も聞くことができます。

主に駐在員向けの高価格帯物件を中心とした物件を扱っています。

○ディアライフ

おまかせ物件探しという検索方法があり、家族構成・希望のエリア・賃料などを入力するだけでおすすめの物件が表示され非常に便利です。

契約後のサポートにも力を入れており、エアコンの故障から子供の学校や習い事までなんでも相談できます。

全物件住宅保険付きでバンコク内の引っ越し代は無料というサービスまであります。

他にも契約特典が豊富で、家族でバンコクに住むことを考えている方におすすめです。

○URBANLAND

日本人駐在員を主なターゲットにしている会社です。

月額30,000バーツ(約9万円)からの物件が数多く掲載されています。

駅やスーパーなど生活に必要なものが徒歩圏内にあることにこだわっており、暮らしやすさを重視する方におすすめです。

○スックリビング

日本本社が横浜にある日系不動産会社のスックリビング 。日本人駐在員向けに不動産賃貸物件を仲介しています。

タイ/バンコク不動産 賃貸アパートマンション スックリビング

【部屋探しのポイント】

部屋探しのだいたいの流れが掴めたところでここからは部屋探しのポイントについて紹介していきます。

バンコクと日本では気候や生活が違いますから、当然バンコクで部屋探しをするのと日本で部屋探しをするのとでは重視するポイントが異なってきます。

入居後に後悔しないように、自分の希望に沿った部屋が見つけられるように今から知識を頭に入れておきましょう。

【物件は主に3パターン】

タイでの物件の形態は主に「コンドミニアム」「アパートメント」「サービスアパートメント」

の3つです。

希望する価格やサービス、入居者の人数によって適したものを選びましょう。

○コンドミニアム (20,000バーツ~200,000バーツ)

部屋ごとに個人オーナーが所有している物件で、日本の区分所有の分譲マンションのようなものです。

オーナーごとに内装や備え付けの家電などのデザインが異なるため、自分にあった個性の部屋を見つけることができます。

しかし、個人オーナーのため部屋の不具合やトラブルなどが起こった際の対応はオーナーによって異なり、なかには管理がずさんな人もいますので注意してください。

○アパート(20,000バーツ~300,000バーツ)

1人のオーナーが建物全体を所有・管理し貸し出しています。

日本の賃貸アパートとほぼ同形態のタイプで、コンドミニアムで起きるようなトラブルも少ないので日本人駐在員の方に最も人気があります。

しかしほかのタイプと比べると広さや衛生面、サービス面などの条件は悪くなります。

○サービスアパート(30,000バーツ~300,000バーツ)

日本のホテルとアパートの中間のようなもので、基本はアパートですがサービスや設備などがホテルに近い待遇が受けられます。

その分価格は高くなりますが、テレビや洗濯機などの生活用品はすべて備え付けで電話回線なども完備されているのですぐにバンコクでの生活がスタートできます。

手間がかからないので特に単身赴任の方に人気の物件です。

【内見ではここをチェック】

気になった物件が見つかったらいざ内見です。

実際に見てみたら写真と違ったりするかと思いますが、自分なりにここだけは絶対に譲れないというポイントを押さえておくと良いでしょう。

○バンコクの天候に耐えられるか

バンコクでは雨期になるとスコールがたびたび起こります。

それによって道路が冠水することも少なくありません。

物件周辺の道路は大丈夫か、そうした時に家に浸水被害や停電の心配がないかなどもオーナーに確認しておきましょう。

また、日本では日当たりの良い物件が好まれますが一年中高温多湿のタイでは日当たりが良すぎる部屋は暑すぎるということになります。

西日が非常に強いため、西向きのお部屋は注意が必要です。

一番涼しい北向きの部屋がおすすめです。

一年中暑いということは、やっかいなことにもちろん蚊も一年中います。

アパートには網戸がついていますが、コンドミニアムには網戸がついていない物件も多くありますので特に低層階に住むことを考えている方は注意してください。

○備え付けのものが機能しているか

家具や家電が備え付けの物件が多いので非常に便利ですが、それらが実際に機能しているか、使いやすいかなどを内見の際に確かめましょう。

もし壊れていたらすぐにオーナーに言って直してもらっておきましょう。

また、日本より衛生面を気にしない構造の物件も多いため水回りは清潔かどうか、においはしないか、水圧は適しているか、お湯が出るかなどの確認も大事です。

○徒歩圏内に欲しいもの

部屋を決める際に徒歩圏内になにがあるかを重要視する人は多いのではないでしょうか。

日本では駅が近い方が好まれますが、バンコクでは学生はスクールバスでの送迎、通勤は社用車というケースがほとんどなのでそれほど重視されていません。

タクシーの初乗りが35バーツ(150円程度)という安さなので日常的に移動に使ってもあまり負担になりません。

スーパーマーケットや病院なども生活に欠かせませんが、これらが徒歩圏内に欲しいというのは日本と変わらないようです。

なかには敷地内にスーパーマーケットが併設されている物件もあります。

小さなお子様連れなどの場合は非常に便利ですね。

また、急な病気の時に慌てないように日本語の通じる病院をあらかじめ見つけておきましょう

知らない土地での部屋探しは不安で大変だと思います。

まずはどこに頼ったら良いのかもわからないという方や部屋探しのポイントが知りたいという方に少しでも役立ててもらえたら嬉しいです。

タイは日本よりも安い値段でそこそこ広い部屋に住むことができます。

その代わりに不便だと感じることもあるでしょう。

しかし物件によってはサービスも充実していますし、あとで後悔しないために譲れないポイントを決めてしっかり確認しておきましょう。

自分に合った部屋探しができるように応援しています。