不動産購入で大失敗!?バンコクのコンドミニアム購入でよくある失敗事例 

海外移住先として人気のバンコク。コンドミニアムを購入して本格的に生活拠点を移すケースが増えていますが、海外不動産の購入は簡単ではありません。魅力的と思われた物件で思わぬトラブルが発生するケースも報告されており、不動産取引の活性化とともにコンドミニアムの購入で失敗する事例も増えています。バンコクのコンドミニアム購入で失敗しないためにも過去の失敗事例を知って参考にしてください。

治安の悪差を知らずに購入してしまう

海外の不動産情報

コンドミニアムの購入に失敗するケースで多いのが、立地の持つ本当の価値を知らずに購入してしまうケースです。
バンコクにかぎらず不動産取引では物件の立地がもっとも重要な条件となりますが、立地条件がどのような価値を持つかは慎重に見極めなくてはいけません。書類上は有望な立地に思えても実際にはそれほどの価値が見込めないという物件は意外と多く、大金を払って購入してしまえば取り返しがつきません。
バンコクのコンドミニアムは治安が大きなポイントです。どんなに利便性が高いエリアでも周辺の治安が悪ければ快適な生活は望めません。経済発展とともにバンコクの治安状況はかなり改善されてはいるもののまだまだ治安の悪いエリアは多く、治安の悪いエリアのコンドミニアムをそうと知らずに購入してしまえば大きな失敗となってしまいます。
バンコクの治安は一区画、通り一本隔てるだけでも大きく変わります。有名エリアの近くだからといって安心してはいけません。購入前に治安状況をきちんとチェックすることが失敗回避につながります。

交通渋滞がひどく利便性が悪い

バンコク生活で大きな懸念材料となるのが交通渋滞です。バンコクの交通渋滞は大都市としては世界最悪に近い状況です。拡幅工事など対策は検討されているものの有効な解決策が取れないのが現状であり、多くの市民は慢性的な渋滞に嫌気が差している状態です。
コンドミニアムでの生活も交通渋滞が大きく影響します。車を利用した生活を考えているのに交通渋滞がひどいエリアのコンドミニアムを購入してしまうと移動でとても苦労します。バンコク中心部の高級コンドミニアムは位置的には利便性が高く思えますが交通渋滞のことを計算しておかないと日常生活もままならないほどです。
鉄道移動中心でも交通渋滞は無縁ではありません。条件の割に価格の安いコンドミニアムは交通渋滞が原因で価格が下げられている可能性を疑いましょう。渋滞を織り込み済みで購入するなら問題ありませんが、知らずに購入してしまうと大失敗するハメになるので気をつけてください。

完成しないプレビルド物件

開発が急速に進むバンコクでは完成前に販売されるプレビルド物件も多く見られます。プレビルド販売されるコンドミニアムは将来が有望視されている物件が中心ですが、必ずしも工事が計画的に進むという保証はありません。特に投資性の強いコンドミニアムでは計画の見通しが甘いまま着工されるケースもあり、物件は完売しているのに建設途中で工事が止まってしまうケースもあります。
中には最初から最初から完成させる気が感じられない詐欺まがいの物件もあります。プレビルド物件を購入するなら実績のある大手や日系企業など信頼できるデベロッパーを選び、できれば現地に足を運んで自分の目で見て信頼性を確かめてから判断してください。

おすすめの記事