いくらくらいで借りられる?バンコク主要エリア別賃貸物件の相場

移住先として人気を集めるタイのバンコクですが、気になるのが不動産の賃貸相場です。成長著しいバンコクの賃貸相場は近年上昇傾向が続いていますが現在の相場はどのようになっているのでしょうか。

スクンビット地区の家賃相場

いくらくらいで借りられる?バンコク主要エリア別賃貸物件の相場

バンコクの中でも日本人に人気のエリアがスクンビット地区です。交通の利便性が高く日本人が多く暮らすスクンビット地区は駐在員から若者、リタイアした高齢世帯まで幅広い年齢層が集まります。物件の種類はコンドミニアムなどアッパーミドルクラスが中心ですが安価な物件も多く選択肢は豊富です。
家賃相場は日本でいうところのワンルームマンションに相当するスタジオと呼ばれる物件で8000~15000バーツ(約29000~54000円)2ベッドルームのコンドミニアムで25000~35000バーツ(約90000~126000円)が目安です。
バンコクの物件は築年数があまり家賃に影響しないので古い建物でも家賃はあまり代わりません。間取りと設備の充実度によって家賃が決まるので割安物件を探すなら設備がそこそこで劣化の心配のないきれいな築浅物件が狙い目です。

シーロム地区の家賃相場

シーロム地区はバンコク有数のビジネス街として多くの法人が集まるシーロム・サラデーンに通勤する人が多く暮らすエリアです。日本人居住者はタイ駐在のビジネスマンとそのファミリーが中心で、近年は再開発によりファミリー向けの広い間取りのコンドミニアムが次々に建設されています。
シーロム地区の家賃相場はワンルームのスタジオ物件で10000~12000バーツ(約36000~43000円)、2ベッドルームで40000~60000バーツ(約144000~210000円)となっています。バンコクの中ではやや相場が高めですが、間取りが広く設備やサービスが充実しているのが大きな理由です。
大型コンドミニアムの建設が続いていますが完成前の図面段階で完売してしまうほど不動産人気は高く、今後も家賃相場の上昇が続くと予想されます。

バンチャック地区の家賃相場

タイの主要路線BTSの中でも郊外に分類されるのがバンチャック駅から終点のべーリン駅までのバンチャック地区です。このエリアになるとバンコク中心部の発展して雰囲気とはガラリと変わり、昔ながらのタイののどかな風景があちこちに見られます。郊外ののどかな風景が広がる中にも開発ラッシュの並は確実に押し寄せてきていて、小規模ながらコンドミニアムなど集合住宅の建設が進められています。
バンチャック地区の家賃相場はワンルーム物件で5000~8000バーツ(約18000~28000円)、2ベッドルームで15000~25000バーツ(約54000~90000円)となっています。バンチャック地区の大きめの物件は最近になって建てられたものが多いですが小さな物件は築年数が古い物件が多く、格安家賃で借りられる掘り出し物が多く見つかります。
BTS奈良乗り換えなしで中心部までいけるので通勤を含めた総合的な利便性は悪くありません。駅から離れた物件になると相場はさらに下がるのでとにかく安く部屋を借りたい人にはおすすめのエリアです。

おすすめの記事