日本のアパートとは大違い!?バンコクのアパートメント物件のメリット、 デメリット

バンコクの賃貸物件で見られるアパートメントは日本で言うところのアパート物件とは大きく異なります。日本でアパートと言えば一人暮らし向けの小さな集合住宅を指しますが、韓国では日本の高級マンションに相当するような物件もアパートメント物件に含まれます。
似たような物件にコンドミニアムというものもありますが、コンドミニアムとアパートメントの違いは物件の所有状況にあります。コンドミニアムが部屋ごとにオーナーが異なるのに対しアパートメント物件は建物全体を一つの法人が管理しています。
間取りや設備など物件そのものに違いはほとんどありませんがサービスを中心に細かいところで違いが見られるので特徴をよくチェックしてから物件を探しましょう。

管理が行き届いている

日本のアパートとは大違い!?バンコクのアパートメント物件のメリット、 デメリット

アパート物件を選ぶ大きなメリットとして管理体制が行き届いていることが挙げられます。集合住宅の生活で問題になるのが共有設備の維持管理です。
エレベーターやエントランスなど住民全体で使う設備に関しては管理会社が責任をもって維持管理を行います。コンドミニアム物件の場合、部屋ごとにオーナーが異なるため共用部分の管理責任が曖昧になりがちでメンテナンスが不十分になってしまうケースが見られます。アパートメント物件の場合は建物を運営する法人が主体となって管理を行うので責任の所在が明確です。トラブル発生時の連絡先もわかりやすく処理対応も迅速なので安心です。

建物全体でルールが統一されている

バンコクの賃貸でも日本の賃貸物件と同様に入居に際してのルールが決められています。アパートメント物件では建物全体でルールが統一されているためブルーの違いによる住民同士のトラブルの心配がほとんどありません。
部屋ごとにオーナーが違うコンドミニアムの場合はルールの違いによるトラブルがつきまといます。一部の部屋だけペット飼育可と言ったように建物全体でルールが徹底されないと軋轢が生まれてしまいます。
建物全体でルールが統一されているので何かあった時のトラブル対応もスムーズになります。入居者間の余計ないざこざを嫌う人には安心です。

実質的な家賃は割高

バンコクのアパートメント物件のほとんどは水道光熱費などは家賃に含めて一括請求されます。請求方法自体に問題はありませんが、請求される金額は直接的な水道光熱費にさらに管理会社が利益を上乗せした金額になるため割高です。
物件によっては正規の料金より5割近く高い料金を負担させられることもあります。家賃に含まれて請求されていることから実質的な負担金額が分かりにくく知らない間に高額な料金を負担させられているといったケースも見られます。
水道光熱費の他にも管理費や共益費などの名目で負担を求められることもあります。内訳がよくわからないまま高額の負担を求められ実質的にとても割高な家賃を支払う羽目になる可能性には注意が必要です。

おすすめの記事