バンコクのサービスアパートは基本的には2種類に分かれる

まず、バンコクのサービスアパートですが、アパートでありながらホテルのように機能をしている賃貸物件のことを指し、2種類に分かれています。一つ目は外見はホテルでありますが基本的なサービスが多くは含まれていないアパートホテルというタイプと、ホテルの様にサービスが付属するアパートの2種類です。サービスアパートとは、法人契約をすることも可能なため一般の方も間借りすることが可能な物件です。両者ともに利点としては、施設の利きにトラブルが生じた場合、迅速に対応をしてもらえる点があり、スタッフが日曜日も常駐している点が利点となります。アパートメントやコンドミニアムなどにおいては、日曜日にはスタッフが常駐していないため、問題を買い消すする場合個人で行う必要性が生まれます。サービスアパートとしてはホテルアパートのほうがきめ細かなサービスを受けることができるということになります。

サービスアパートを利用する上でのメリットとデメリット

サービスアパートのメリットですがスタッフが在中しており、メイドがルームサービスを行います。メイドのサービスとは、シーツ交換などの他室内の掃除です。これらスタッフは、コンドミニアムの他アパートメントにも付属していますがサービスアパートとの大きな違いは労働時間になります。サービスアパートはメイドやスタッフの方の滞在時間が長いことが特徴です。しかも、土日など休みの機関であってもスタッフが滞在しているサービスアパートも存在しており、常にスタッフの方が控えている物件も多いです。ですが、その反面、家賃は高く、スタッフの方の人件費も高くなります。しかし24時間トラブル対応などを行うため人件費の高騰や家賃の高騰などについてはある程度許容するほかないです。極端な話をしますと、サービスアパートは家具や調理器具などを備え付けている物件も多く、それら器具類のレンタル費用なども家賃に含まれます。その為、サービスアパートメントで使用できる施設が充実すればするほど価格は高騰しますし、監視カメラなどのセキュリティシステムが導入されている場合においてもセキュリティ対策費用として家賃に加算されます。つまり、サービスアパートは施設内を快適に過ごそうとすればするほど、プライバシーなどの他、防犯面に対してセキュリティ対策を講じれば講じるほど賃貸的な価値が増し家賃が増加します。

サービスアパートの利用法について

バンコクのサービスアパートの利用法ですが、短期滞在をする際、できるだけ快適に過ごすなどを目的として使用します。アパートメントやコンドミニアムにおいても滞在することは可能ですが、最低でも一年間賃貸を借りることが条件で貸し出されていますのでそれらと比較した場合、サービスアパートは数日から数年借りることができ、サービスアパートのほうが短期滞在から長期間の滞在について扱いやすい物件で契約をしやすいということになります。

おすすめの記事