日本人がバンコクで不動産契約を行う場合のトラブル防止法

外国で不動産契約を行う場合のリスク

日本人が外国の不動産を購入、あるいは賃貸する場合には、様々なトラブルが起こりがちです。

バンコクでの不動産契約に関しても、未然にトラブルを予防しておくことが最善の策です。

日本国内の物件の場合は、しっかりした建築が行われていることについて、ほとんどの人が信頼を置いています。 この感覚があるため、バンコクで不動産を探す際も、最初から管理が行き届いているものと思い込んでしまう場合があります。

しかし実際は、設備の不具合などの問題を抱える物件も多いです。 新築物件であっても、住み始めてみると予想外の不具合が見つかることがあり、注意が必要です。

見た目に騙されることなく、契約前に物件内容の中身をよく確認することが重要です。

バンコクでの不動産トラブルの種類

日本人がバンコクで不動産契約を行う場合のトラブル防止法

不動産に関するトラブルについては、深刻度は様々です。

エアコンの不具合のような設備に関するトラブルもあれば、住宅自体を騙し取られるような極めて深刻なケースもあります。 外国での不動産契約であるため、小さなトラブルはありがちですが、深刻なトラブルになるような事態は必ず避けるように事前予防が重要です。

住宅を騙し取られる問題に関しては、バンコクでも発生しており、それはタイの法制度と関係があります。 タイでは、基本的に外国人が個人で土地を取得することはできません。

そのため外国人がタイの土地を取得したい場合に、タイ人の名義を使って登記を行うことがあります。 この時に詐欺に引っかかり、住宅を騙し取られてしまうケースです。

このようなトラブルを避けるためには、適切な不動産会社の選択が重要です。

タイの物件を扱っている日本国内の信頼できる不動産会社に、仲介を依頼することが適切です。 居住地域の治安面についても、不動産会社によく確認しておきましょう。

賃貸物件でのトラブル

不動産トラブルは購入物件だけではありません。 賃貸においても、様々な問題が発生する可能性があります。

標準価格よりも高い家賃で契約を結ばされたり、契約更新の際に不当に家賃を値上げされたりすることです。

いずれも、タイの不動産契約に不慣れな外国人が見舞われがちなトラブルです。

また、賃貸物件で設備の不具合があっても、オーナーがしっかり対応してくれない場合があります。

タイでは、外国人が土地を取得することは基本的にできなくても、コンドミニアムの取得は認められています。

コンドミニアムはアパートとは違い、物件設備の不具合に関して対処してくれない場合も多いです。

結局自力で対処しなければならず、日本国内の賃貸物件を契約するのとは状況が違うことを知っておくことが大切です。

コンドミニアムはメリット面もありますが、こういったデメリットも理解した上で契約することが必要です。

本記事の作成にはタイ、バンコクの不動産会社スックリビングに協力を頂き当記事の作成をさせて頂きました。

https://www.sukliving.com/

タイのバンコクでお部屋をお探しならバンコクの不動産会社スックリビングへ。

おすすめの記事