バンコクの部屋探しのポイントで知っておきたいこと

これから海外である物件がリーズナブルなバンコクに移り住みたい!アジアでも住みよい地域でありますバンコクに移住したい!と言う方は多いと思います。そのようなバンコクでの部屋探しのポイントで知っておきたい内容としては、まず、ペットについてなのですが、ペットは、海外なので寛容なのではないか?と言う意識を持たれている方も多いと思うのですが、実はバンコクでの賃貸でのペット事情は日本と同じで、ハムスターや小鳥などと違い、カゴに入れて飼うペットと違う場合の犬や猫等のペットについては、極端に選択肢が狭くなります。物件自体はOKでも、オーナーさんから断られるケースが多いので、自分自身で探すのには困難があるので、バンコク専門のサイトで探すのが無難です。

 

ここが違う!バンコクの賃貸物件の特徴について

バンコクの部屋探しのポイントで知っておきたいこと

バンコクの賃貸物件については何が違うのか?と言う点についてですが、まずは、「網戸」

についてですが、バンコクでの網戸事情は、アパートは基本的には、バンコクでも網戸は付いておりますが、コンドミニムと言う地域については、網戸がついていない物件も多数あります。エアコンが苦手な方や、低い層の階に住まわれる方については、十分に注意が必要です。後付けも可能な物件もありますが、平均で3000バーツ程見積もる必要があります。海外でのバンコクについては、室内金庫であるセーフティボックスが置いてある部屋もあります。特に海外旅行者については、自分の財産を自分自身で守ると言うことをしなければなりませんので、大体予算としては、2000.バーツ位で購入できます。

 

一番懸念すべきバンコクでの蚊について

バンコクの部屋探しのポイントで知っておきたいこと

バンコクでは、実は、熱帯な気候でありますので、蚊が一年中おります!蚊が嫌いな方については本当に脅威であると思うのですが、バンコクには蚊がいないと言う物件が無い程でありますので、蚊とは隣り合わせで生活をしなければならないことを心掛けなければなりません。しかしながら、15階を超える高層階については、蚊についても中々その距離まで登ってくることはできないみたいなので、安心してください!と言いたい所ではあるのですが、蚊がエレベーター等に侵入して登ってくることもあるみたいなので、15階以上の高層階を希望されている方についても、蚊の脅威は完全ではありませんので、留意して頂きたい点となります。

 

バンコクでは雨期の洪水に注意すること

 

スクンビット地区等については、埋め立てて造られた地区もありますので、冠水しやすいエリアも非常に多いです。雨季になると毎年恒例のように洪水が発生しますので、熱帯地域での特性であると言えます。特に近年では異常気象により、世界各国の気候がおかしくなってますので、豪雨災害等については、十分に検討して慎重になる必要があります。バンコクで冠水しやすい有名な地区としては、スクンビット・ソイ39周辺の道は非常に冠水しやすいです。対照的に、ソイ39の地区では、利便性も良く、人気の高い物件が揃っております。ただ冠水と言っても、ロビー等まで浸水することはほぼありませんので、そこはご安心ください。しかし、バンコクの国自体が浸水しやすい地域でありますので、そこは覚えて頂きたい内容です。

 

物価が安いバンコクについて

 

ここまでは、蚊が多いことや、浸水することが多いこと等を説明してきましたが、決してデメリットだけではなく、メリットも非常にあります!まずバンコクに居住する最大のメリットとしては、とにかく物価が安いこと!タイでは、日本の物価の約1/3と言われることもありますが、事実である部分も多いです。バンコクのみでの現地調達での食事内容であると、130バーツ日本円にして約100円で一回分の食事を済ませることができるので最高です!また、バンコクのマッサージ屋さんはとにかく安く、日本円で二時間980円~1630円で施術を受けることができるのです!日本でしたら倍かそれ以上かかってしまいますよね。

おすすめの記事