タイのバンコクでお店を出店!海外で飲食店の出店方法を完全ガイド!

バンコクで部屋探しをする際に注意しておきたいポイントとして、まずは、日本とバンコクでの、住宅事情について知っておかなくてはなりません。日本とバンコクには住宅事情として、どのような違いがあるのでしょうか?実は数年前まではバンコクの住宅事情としては、日本よりかなり広い間取りで賃貸や物件の予算についても、日本より格段に安いと言うイメージがありました。それが今現在ではどんな感じでしょうか?今現在でもバンコクでは、90年代での物件は格安で、2ベッド200平米や、3ベッド300平米以上についても健在であります。しかし、年数が経過しまして、バンコクでの賃貸や物件事情についても近年日本と同じ水準までにはなりませんが、近い内容となってきました。スタジオのワンルームであれば、25から40平米、1LDKでは、3060平米、2LDKであれば、50100平米と言う事情で、ここ最近でのバンコクでの標準的なサイズとなってきております。日本と一緒でバンコクの中心では、このような間取りが一般的になっているのですが、郊外に行けば行く程安くなってきております。

根強い人気を誇るバンコクでの物件事情に付随する内容とは

バンコクの部屋掃除の業者さんについて

バンコクでの住宅事情がなぜこんなにも根強い人気を誇っているか?と言う理由についてですが、非常に良心的な物件である場合が多くて、まず入居してみて驚く内容としては、主な家電や電化製品は備え付けであること。部屋においては、多くの物件で、家電や、電化製品が備え付けである場合が多いので、衣食住を検討する上で大変楽ができます。生活に必要な小物だけを自分自身で準備すれば良いと言う状況ですごく楽です。バンコクでは格安物件だけに限らずに、周辺環境が非常に満足できる内容としても推奨できます。バンコクの物件によっては、プール、テニスコート、子供の遊び場、ゴルフ練習場等が併設されている物件もあるので、周辺環境で満足できる物件も用意されています。このようなファシリティーが充実しているのは、日本では考えられない状況です。日本の物件のように、敷金、礼金が発生しないと言うのも極めて大事な部分でありますので、バンコクの物件に入居する上で、極めて重要な部分となります。バンコクで必要となる初期費用としては、家賃二か月分と、前家賃一か月分であるケースがほとんどですので、家賃だけで考えることができるのはスゴいことなのです。

日本とは違うバンコクの住環境でのトラブルについて

バンコクの部屋掃除の業者さんについて

日本では、住環境でのトラブルと言うのがたくさんあります。春から秋にかけては蜂が大量発生しますし、軒下にだってハチの巣を作られることがあります。蜂にも刺されることがあるので、どうにかして業者さんに依頼して蜂の駆除をお願いしたり、もしくは、シロアリの害虫被害等によっても、普段の生活がおびやかされることがありますので、日本の住環境については、駆除サービスが徹底されております。しかしながら、バンコクにおいては、住環境における害虫等のトラブルにおいて、そこまで神経を使う人がいないのか、あまり重要視されていない風潮があります。ある意味日本人が完璧主義すぎると言う部分がありますので、日本人のように過敏になりすぎていない点が、日本とは違い、良い面でもありますし、悪い面でもあると言えます。

 

バンコクでのお部屋のお掃除屋さんについて

 

バンコクのルームクリーンについては、予算として、どれ程かかってしまうのでしょうか?これから、バンコクに住むにあたり、お部屋を徹底的に綺麗にしたい時の予算は心得ておきたい所です。バンコクでは、部屋の掃除について、35平米くらいの広さでの、水回り、床のモップがけ、食器洗い等を全て2000円程度でやってくれることができるので、その点は良かった部分でありました。日本よりも格安なので、バンコクでお掃除業者さんに依頼して損することはないようです。

おすすめの記事