バンコクでの部屋探しのポイントを紹介します!

これからバンコクで生活するつもりであれば、部屋探しにこだわることが大切です。部屋探しに失敗すると、バンコクでの生活が酷いものになります。そこで、バンコクでの部屋探しのポイントをまとめました。

 

1.部屋向きは北向きが人気

バンコクでの部屋探しのポイントを紹介します!日本では南向きの部屋が人気を集めているのですが、タイの場合は北向きの部屋の方が人気は高いです。この理由は、タイは常夏であり、一年を通して気温が高いからです。特に西日がとても強くなるため、西向きの部屋は避けた方が良いでしょう。南向きの部屋も暑くなりやすいため、部屋に日光が差し込みにくい北向きの部屋を選ぶことをおすすめします。

 

また、建物の近くに道路や工事現場などがある場合は、そこからホコリや騒音が伝わってくる可能性があります。その点も考慮して部屋の向きについて考えると良いでしょう。部屋の向きにこだわることが室内の快適性に大きく関わります。

 

2.虫を避けたいならば高層階が良い

タイは常夏であり、どの季節であっても虫に悩まされることが多いです。特に怖いのは蚊であり、病気を媒介するケースがあるため注意しましょう。蚊を避けたいのであれば、基本的に高層階を選ぶことをおすすめします。特に15階以上の高さの場合には蚊が生存することができないため安心です。低層階ほど虫の被害に悩まされやすくなります。

 

3.日本人居住者の多い物件を選ぶ

バンコクで部屋を選ぶ際には基本的に日本人居住者の多い物件をおすすめします。日本人がたくさん住んでいる物件は、それだけ治安が良くて安全であるといえるからです。また、日本人は基本的に清潔であり、きちんとごみ捨てをしている人がたくさんいます。そのため、建物内も清潔に保たれている可能性があり、住民がきちんとルールを守って暮らしている可能性が高いです。身近に日本人がいる環境というのはそれだけでも気持ち的に安心できます。何かあればすぐに助けを求めることができて生活しやすいです。

 

4.管理面を重視する

これからバンコクで部屋探しをするのであれば、建物の管理は何よりも重視しましょう。生活をしていてさまざまなトラブルが起きることがあり、そのときには管理会社を頼ることになります。たとえば、水道のトラブルが起きたときにすぐにサポートしてくれれば安心です。管理会社の中にはアフターフォローもしっかりと提供してくれるところがあります。そのような業者を利用すれば、建物が適切に管理されて、トラブル時にはすぐサポートを受けることができるのです。

 

5.しっかりと下見をしておく

日本から現地に行くのは大変であり、なかなか下見の機会を設けることは難しいです。それでも、事前にしっかりと下見をした上で部屋の契約を考えるべきでしょう。そうすれば、事前に細かな点を確認することができ、実際に生活したときに後悔する可能性を減らすことができます。

 

下見をする際には部屋の隅々までしっかりと確認することをおすすめします。特に水回りについては漏れやニオイがないかチェックしましょう。住民の日本人比率や日本語対応のスタッフの有無、周囲の交通状況や騒音なども確認してください。バンコクならではのチェックポイントとして、敷地内の野良犬や野良猫がいないかどうかもチェックしましょう。気になる点についてはどんどんスタッフに質問をするべきです。

 

6.古い物件でも掘り出し物がある

日本の考え方では物件はできるだけ新しいほうが良いと考える人が多いです。しかし、バンコクでは古い物件であってもきちんメンテナンスをして、リノベーションもしている物件があります。そのような物件は新しい物件よりも快適なことが多く、価格も安くなっているためおすすめです。築年数にこだわるのではなく、管理状況に注目しましょう。

 

7.まとめ

バンコクで部屋を探す際にはさまざまな点を意識することが大切です。日本とは事情が異なるため、チェックポイントはたくさんあります。この記事を参考にしてバンコクで部屋探しをしましょう。

おすすめの記事